◇・エデンの光と影・◇~解説編①~

 

*:....:*・゚゚・*:....:*・゚

 

★かなりの思いつきです((((((ノ゚⊿゚)

 ★天界やら魔界やら「教高神」やら「神高等級学園」なんて、いつもの九戸の勝手な造語です。ちょっとそんな感じの雰囲気な名前をつけているだけです。

「教高神」イリエ←頭良さそうくないですか?

 (-^^-)これからも色々造語連発しますが雰囲気で読んでクダサイマセ!

 

 

★一応こんな感じの設定です。

 ・天輪~天使の輪

・琴子ちゃん→アイハラ・ノアルン・コトコ(16才)

天然かつ感受性の強い性格(つまり九戸の想像上の琴ちゃん。)

植物や動物とお話しができちゃいます。無邪気な見習い準天使。

天輪→(水色っぽい銀)があるので天使扱いですが、翼や瞳、髪は真っ黒です。

 母親はすでに亡くなっていて、数年前から教高神イリエのお家に居候中。 

お父さんのアイハラ・クルト・シゲオは、今はディオニュソス神(酒を司る神)に料理の才を認められて冥王星まで出稼ぎ()中。

 

・直樹→教高神イリエ・ティス・ナオキ(23才)

今のところ天使界での知恵を司る高位天使設定。

天輪→(白っぽい金)

イリエ家は天使界でTOP3に入る高位階級の家柄です。

イリエ・アティア・シゲキの妻であるイリエ・チュス・ノリコとの間に長男として生まれてます。弟が1人、イリエ・ティア・ユウキ(12才)

 大聖天王神デルアの命令で「トーナン神高等級学園」の近くに建てられた書庫(一般の天使は出入り禁止の図書館みたいなもの)で管理者として働いてます。

 ・ラバエ~運命(未来)を見る事の出来る唯一の女神様(謎だらけ)

・教高神ナオキとコトコ以外の天使達の天輪→(黄色っぽい色)

上級の天使になればなるほど、白い色が強くなってきます。

 

以上解説其の一でした~(;^_^A

 

 

゚・*:....:*・゚゚・*:....:*・゚

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です