◇・エデンの光と影・◇~4~

 

゚・*:....:*・゚゚・*:....:*・゚

 

 

~天使界でも特級レベルにある、トーナン神高等学園~

その敷地内にある神殿建築を模して建てられた別館の近くに、教高神イリエが管理する書庫が、独立するように建てられていた。

この学園の生徒とは何の関連性もない書庫なのだが、毎日のように絶えず女性天使が柱の陰に集まり、教高神の容姿端麗な姿を一目見ようと、いつ開かれるか分からない扉を見つめ続けている…

 

 

 今、その書庫内には、教高神が真っ黒な未熟天使コトコを相向かいに膝に乗せ、2人きりで言葉無く見つめあっていた。

 開け放たれたテラスから入り込んできた優しい風が、コトコの頭の上に花びらを落としていく。それと同時に風の悪戯なのか、艶やかな長い黒髪が教高神の頬にふわりと触れては、サラサラと舞落ちていった。

 「あの…」

 「……」

 少し前から教高神の膝の上にちょこんと座らされているコトコは、教高神と視線を合わせているのが恥ずかしくて耐えられなくなり、真っ赤になってしまった顔を俯かせた。

 「ごめんなさい…また、だね…」

 「……」

 「迷惑かけて…ごめんなさい……」

 「その言葉はもう聞き飽きた。-ったくお前ってやつは。いいからほら、翼を広げて天に伸ばせ」

 苛ついた教高神の声に震えながら、コトコは小さく頷き、可愛らしい黒い翼をこれでもかと言うほど、美しいステンドグラスの嵌った天窓に伸ばした。そしてぎゅうっと目を閉じ、唇を噛む。

 「なあ、そんなに力まなくったって…別に痛い事するわけじゃないだろ?」

 「う…翼の付け根とか見られるの恥ずかしいんだもん、痛くないけど色々大変だし///

 「は?何が大変何だか知らないが、こっちだって結構‘神力’消耗するんだぞ?いい加減わかってるだろうが」

 「………ごめんなさい…」

 「ったく…」

 教高神はぷるぷると頭上で震える黒い翼を見上げて意地悪く口角を上げると、コトコの耳元で囁いた。

 「―おまえ、毎回意識しすぎ」

 ///そんな事…//////

 「安心しろ、おまえのお子様みたいな翼や、色気のない背中に欲情するほど馬鹿じゃない」

 教高神は楽しそうな顔でそう言いながら、コトコの髪に舞い落ちた花びらを長い指で摘まんでは、ジュータンに落としている。

 「さあ、始めるぞ」

「うん…」

教高神は小さな後頭部を抱きかかえると、華奢な身体をグイッと引き寄せた。そしてコトコのまあるい額を自分の心臓に押し当て、もう片方の手を翼の生え際に押し当てる。

二人の間に空間は無く、密着した状態で動かずにいると、背中に当てられた教高神の手の平から白く神々しい光が発せられ、黒い翼は徐々に包み込まれていく。

 「ん…やぁ…熱っ……はぁ…っ」

「我慢…しろって……くっ」

 白い光は天窓のステンドグラスの光と重なり合い、まるで妖精界にでも紛れ込んでしまったかのような色を発し、書庫に不思議な空間を作り上げている。

 身体を震わせ、珠の様な汗を浮かべたコトコの様子を見ながら、教高神は更に集中して神力を強めていく。

 「ふあぁ…ん、も…イリエ…く…」

 「もう少しだから我慢しろって!ほら集中!」

 「っんん…ぅ……ん!ぁあっ…あ…!」

 放たれていた光が翼の生え際に集中した瞬間、コトコは小さな悲鳴を上げ、背筋を仰け反らせた。

天に伸びていた黒い翼は、透き通るような肌を持った背筋にシュンーと吸い込まれ、その姿を消した…

 

 

*:....:*・゚゚・*:....:*・゚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です